エキスパートとは

独自のサーチ機能と完全招待制ネットワーキングにより、クローズドで高品質なエキスパート・ネットワークを構築
エキスパートは以下のようなタイプに大別されます

経営/企画/事業開発/技術/製造/物流/海外ほか

経営/企画/事業開発/技術/
製造/物流/海外ほか

実務者を通して個別の業界や事業について、深い情報や事業に携わった経験者ならではの意見を知りたい場合

アナリスト/研究者/医師/行政OB等

アナリスト/研究者/医師/行政OB 等

業界についての俯瞰的な意見や、各社の戦略など専門家ならではの客観性のある意見を知りたい場合

各業界の第一人者「クオリティ・エキスパート」特集について

本特集では、以下のような各業界トップクラスのエキスパートのご協力をいただき、その知見を世の中の価値あるプロジェクトにご提供いただくことを企図しております。

なお、エキスパートリサーチでは、AI、IoTなど先端テクノロジー分野、環境エネルギー分野などその他領域でも多数のエキスパートを有しております。こうしたエキスパートへのご依頼やご相談については、お問い合わせください。

※ミーミルでは、様々な業界関係者の方々のご推薦を受け、エキスパートの中でも各領域の第一人者といえる方々について「クオリティ・エキスパート」と呼んでおります。

「ヘルスケア」クオリティ・エキスパート

医療費増大など社会的課題の解決が求められ、その成長余地の大きさからも新規事業の対象として注目されているヘルスケア業界。

規制や業界慣習等によって参入障壁が高いことでも知られる同領域について、以下のような「クオリティ・エキスパート」に業界発展のための知見提供にご協力をいただいております。

矢作 尚久
パーソナルヘルスケアデータの基盤、メディカル領域からのテクノロジー開発戦略

医療ICT基盤・ビッグデータ 第一人者:パーソナルヘルスケアデータの基盤、メディカル領域からのテクノロジー開発戦略

2000年 慶應義塾大学医学部卒業(MD)、2004年 同大学院博士課程修了(Ph.D.)。2009年東京大学医療経営人材育成講座修了(首席)。2010-11年ハーバード大学奨学金によるMHCDプログラム修了を機に、インド・カンボジア・ラオス・モンゴル等途上国への医療マネジメントシステムの提供準備を開始。2012年全国の医療情報を統合可能とするメガデータベースのアーキテクチャと高度な情報処理技術を組み入れた世界初のClinical DataManagement Networkを設計し2016年に稼動。

内田 毅彦
日本人初のFDA医療機器審査官、
外資大手からシリコンバレーベンチャーまで

医療機器開発 第一人者:日本人初のFDA医療機器審査官、外資大手からシリコンバレーベンチャーまで

株式会社 日本医療機器開発機構(JOMDD-ジョムズ) 代表取締役。内科・循環器科専門医。ハーバード公衆衛生大学院・ハーバード経営大学院 (General Management Program)修了。米国食品医薬局(FDA)にて日本人として初めて医療機器審査官として勤務。外資系大手医療機器メーカー勤務や米国シリコンバレーにて医療機器コンサルタントとしても活躍。現在は日本初の医療機器インキュベータの代表。公的機関の役職なども多数。

守屋 実
医療介護ヘルスケア領域の社内・独立起業

連続新規事業専門家 第一人者:医療介護ヘルスケア領域の社内・独立起業

連続新規事業家。ミスミの新市場開発室で、メディカル事業の立上げに従事。 新規事業の専門会社、エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口弘とともに創業。ケアプロ、メディバンクス、ジーンクエスト、AuBなどヘルスケアベンチャーの役員を兼任し、新規事業開発について20回以上の経験を有し、大手企業のヘルスケア領域の新規事業の立ち上げ支援を行う。

小松 大介
100か所以上のクリニック新規開業・経営支援、150箇以上の病院コンサルティング

病院・診療所経営 第一人者:100か所以上のクリニック新規開業・経営支援、150箇以上の病院コンサルティング

株式会社メディヴァ 取締役。東京大学教養学部大学院修了。 広域システム専攻。人工知能やカオスの分野を手がける。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、(株)メディヴァを創業。取締役就任、コンサルティング事業部長。100か所以上のクリニック新規開業・経営支援、150箇以上の病院コンサルティング経験を生かし、コンサルティング部門のリーダーをつとめる。近年は、病院の経営再生をテーマに、医療機関の再生実務にも取り組んでいる。著書:「診療所経営の教科書」「病院経営の教科書」「医業経営を“最適化”させる36メソッド」

>> インタビュー記事を読む

安井 佑
多死社会の地域医療、新しい病院経営のモデル

終末期の在宅医療 第一人者:多死社会の地域医療、新しい病院経営のモデル

東京大学を卒業後、国保旭中央病院で初期研修を行う。その軍事政権下のミャンマーに渡り、国際医療支援、緊急災害支援に2年間従事する。帰国後は形成外科医として杏林大学病院、東京西徳洲会病院に勤務。2013年に東京都板橋区にて在宅医療専門のやまと診療所を開設。「自宅で自分らしく死ねる。そういう世の中をつくる」を理念に、地域連携を推進し、都内で有数の在宅看取りを行うクリニックに育てあげる。

>> インタビュー記事を読む

加藤 浩晃
遠隔診療、デジタルヘルス、医療ベンチャー分析

医療現場✕厚労省✕ビジネス 第一人者:遠隔診療、デジタルヘルス、医療ベンチャー分析

医師、京都府立医科大学 特任助教、デジタルハリウッド大学大学院 客員教授。専門は眼科、遠隔診療、デジタルヘルス、医療ベンチャー分析。「医療現場」「医療制度」「ビジネス」の3領域を横断的に理解する数少ない存在。眼科専門医として1500件以上の手術を執刀、33冊の医療系書籍を発刊。日本の医療ベンチャーに精通しカオスマップを作成、大企業の顧問・アドバイザーも行う。東北大学大学院 非常勤講師、日本遠隔医療学会 分科会長、元厚生労働省 室長補佐。

>> インタビュー記事を読む

山本 隆太郎
医療ベンチャー協会の立ち上げ、副理事長就任

医療ベンチャー事業開発 第一人者:医療ベンチャー協会の立ち上げ、副理事長就任

2008年慶応義塾大学大学院健康マネジメント研究科卒業。2011年クオリーズ株式会社を設立し、医療、予防・健康増進分野の二つを事業領域として展開している。医療分野では糖尿病の専門クリニックをはじめとする医療機関を運営、予防・健康増進分野では医療分野で培ったネットワークを背景に民間企業の商品・サービスの企画・立ち上げ・監修やそれに携わる人材の教育を実施してきた。また最近では、医療、予防・健康増進分野で優位性のある事業へ積極的に投資する他、東京大学と連携しAI・ビックデータ解析技術のヘルステック分野への応用、事業化も図っている。一般社団法人日本医療ベンチャー協会の立ち上げなど業界発展のための取組みにも注力している。

大塚 勝
武田薬品工業株式会社 デジタルユニット
タケダデジタルアクセラレーター ジャパンヘッド

製薬業界×デジタルヘルス 第一人者:武田薬品工業株式会社 デジタルユニット<br />タケダデジタルアクセラレーター ジャパンヘッド

グローバル・テクノロジー会社の米国、欧州、アジア地域でマーケティング、事業開発、デジタル事業部勤務。2015年武田薬品工業入社、デジタル事業の推進の責任者。

>> インタビュー記事を読む

「宇宙産業」クオリティ・エキスパート

近年特に注目を集める宇宙産業。海外の大型ベンチャーでの打ち上げ成功や惑星探査における国際プロジェクトなど、徐々にその可能性が現実味を帯びてきました。

国内でも、建設、メディア、自動車、航空、通信、電機など幅広い業界から関心がもたれている同領域について、以下のような「クオリティ・エキスパート」に業界発展のための知見提供にご協力をいただいております。

中須賀 真一
東京大学航空宇宙工学教授、宇宙システム工学及び小型衛星

中須賀真一 東京大学航空宇宙工学教授、宇宙システム工学及び小型衛星

東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻教授。1983年東京大学工学部航空学科を卒業後、1988年に同大大学院博士課程を修了。その後、日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所研究員となり、人工知能や工場の自動化についての研究を行う。1993年より、東京大学航空学科講師。1994年に東京大学先端科学技術研究センター助教授。1998年に東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻助教授、2005年に同教授。専門分野は、宇宙システム工学、航法誘導制御、人工知能の宇宙応用など、「超小型衛星」や「ふろしき衛星」と称する衛星の研究、衛星やロボットなど宇宙で活躍する物体の知能化技術の研究を行っている。2012年より 内閣府宇宙政策委員会委員。著書は『宇宙ステーション入門』『国家としての宇宙戦略論』『図説 50年後の日本―たとえば「空中を飛ぶクルマ」が実現!』

>> インタビュー記事を読む

小山 浩
三菱電機株式会社、宇宙システム事業及び、宇宙システム利用事業

小山浩 三菱電機、宇宙システム事業

三菱電機株式会社 電子システム事業本部 役員技監。東京大学工学部航空学科(宇宙工学専修)修了後(博士課程)、三菱電機株式会社に入社。同社、鎌倉製作所にて技術試験衛星Ⅶ型(おりひめ・ひこぼし)ランデブ・ドッキングシステムの開発、宇宙ステーション補給機(HTV)ランデブシステム・地上システムの開発・運用等に従事され、その後、衛星システム部門、衛星技術部門のマネージメントを経て、本社にて宇宙システム事業部 副事業部長、技師長を歴任。

松浦 直人
JAXAにて新事業の創出、コミュニティー拡大

松浦直人 JAXAにて新事業の創出、コミュニティー拡大

JAXA新事業促進部部長。慶応義塾大学工学部工学研究科(電気工学専攻)修了。1986年に旧宇宙開発事業団(現JAXA)入社。人工衛星の追跡管制、地球資源衛星1号(ふよう1号)の開発、衛星利用推進センター長など衛星利用に関わる業務と役職を歴任。2015年4月から新事業促進部部長に就任。宇宙産業競争力の強化と、新事業の創出・コミュニティーの拡大に力を入れる。

青木 英剛
宇宙産業ベンチャーキャピタリスト

青木英剛 宇宙産業ベンチャーキャピタリスト

グローバル・ブレイン株式会社 パートナー/宇宙エバンジェリスト。米オーバーン大学大学院で修士号(航空宇宙工学)を取得後、三菱電機に入社。三菱電機では日本初の宇宙船「こうのとり」の開発等に従事し、多くの賞を受賞。慶應ビジネススクール(MBA)修了後に、ドリームインキュベータ(DI)に参画。DIでは、大手企業に対する宇宙ビジネスコンサルティングや技術系スタートアップのインキュベーション等に従事。2015年からグローバル・ブレインにて、宇宙やロボティクス領域を中心とした技術系スタートアップへの投資・成長支援に従事。また、「宇宙エバンジェリスト」として宇宙ビジネスの啓発、民間主導の宇宙産業創出に貢献。一般社団法人SPACETIDE共同創業者兼理事。内閣府宇宙政策委員会宇宙産業振興小委員会委員を始め、JAXAや政府委員会の委員等を多数歴任。

水島 淳
宇宙空間における法整備

水島淳 宇宙空間における法整備

2002年司法試験合格。2004年東京大学法学部卒業、2005年司法修習終了(58期)。同年西村あさひ法律事務所(当時西村ときわ法律事務所)入所。2013年スタンフォード大学ビジネススクール(MBA)卒業、2012年〜2014年米国WHILL,Inc.ビジネスディレクター、2007年〜2010年および2015年成蹊大学法科大学院非常勤講師を務める。2014年西村あさひ法律事務所復職。2016年一般社団法人SPACETIDE創業者兼理事を務める。主な著書に、『租税法概説(第2版)』(共著、有斐閣)、『企業取引と税務否認の実務』(共著、大蔵財務協会)、『ビジネスパーソンのための企業法務の教科書』(共著、文藝春秋)など。

>> インタビュー記事を読む

石田 真康
宇宙業界コンサルタント

石田真康 宇宙業界コンサルタント

A.T.カーニー株式会社プリンシパル/一般社団法人SPACETIDE 代表理事。2003年 東京大学工学部卒。グローバルコンサルティングファームA.T. Kearneyにて宇宙業界、自動車業界、機械業界を中心に15年超の経営コンサルティング経験。一般社団法人SPACETIDEの共同創業者 兼 代表理事として、新たな民間宇宙ビジネス振興を目的に年次カンファレンス「SPACETIDE」を主催。内閣府 宇宙政策委員会 宇宙民生利用部会委員。科学技術振興機構 ImPACT(革新的研究開発推進プログラム)アドバイザー。ITmediaビジネスオンラインにて「宇宙ビジネスの新潮流」を2014年より連載中、また著書に「宇宙ビジネス入門 Newspace革命の全貌」(日経BP社)

袴田 武史
月資源開発ベンチャー代表

袴田武史 惑星探査ベンチャー代表

株式会社ispace 代表取締役&ファウンダー。米ジョージア工科大大学院で航空宇宙工学修士号を取得後、経営コンサルティング会社を経てispaceを創業。人類が宇宙で生活圏を築き、宇宙と地球が共存する世界を構築するため、宇宙ロボット技術を活用した民間宇宙事業を推進中。2010年からGoogle Lunar XPRIZEに「HAKUTO」を率いて参戦。

中村 友哉
小型衛星ベンチャー代表

中村友哉 小型衛星ベンチャー代表

アクセルスペース代表取締役。東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中に超小型人工衛星の開発に携わる。2002年には、学生が作った世界初の超小型人工衛星「CubeSat」が完成し、2003年に打ち上げ成功。研究室で3つの超小型人工衛星の開発に携わる。卒業後は、大学発ベンチャー創成事業参画を経て、2008年アクセルスペースを設立、代表取締役に就任。2015年より内閣府宇宙政策委員会宇宙産業・科学技術基盤部会委員。

>> インタビュー記事を読む

稲川 貴大
ロケットベンチャー代表

稲川貴大 ロケットベンチャー代表

インターステラテクノロジズ社代表取締役社長。東京工業大学入学後、鳥人間にのめりこむ。引退後に学生ロケットを知る。作家や漫画家らがロケット開発を行う「なつのロケット団」を手伝い、堀江貴文氏と出会う。2013年3月、東京工業大学大学院機械物理工学専攻卒業、内定していた大手企業を入社辞退しインターステラテクノロジズ社入社。2014年6月より同社社長に就任。

「小売産業のデジタルシフト」クオリティ・エキスパート

近年特に注目を集める小売業のデジタルシフト。多くの企業が取り組みを進めていく中、本当に推進の経験のある専門家の見極めが難しい領域でもあります。

「アマゾン・エフェクト」が猛威を振るう現在の小売業界の急激な動きにどのように対応していくのか、どのように強みを見出して対応していくのか、この機会を成長機会ととらえてどのように飛躍をするのか、こうした企業担当者をサポートするべく、以下のような「クオリティ・エキスパート」に業界発展のための知見提供にご協力をいただいております。

田中 道昭
立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授

シカゴ大学経営大学院MBA。専門は企業戦略&マーケティング戦略及びミッション・マネジメント&リーダーシップ。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任し、現在は株式会社マージングポイント代表取締役社長。小売、流通、製造業、サービス業、医療・介護、金融、証券、保険、テクノロジーなど多業種に対するコンサルティング経験をもとに、「東洋経済オンライン」、「プレジデントオンライン」、「ニューズウイーク日本版オンライン」等にも定期的に執筆中。主な著書に『ミッションの経営学』、『人と組織 リーダーシップの経営学』(両書とも、すばる舎リンケージ)、『アマゾンが描く2022の世界—すべての業界を震撼させるベゾスの大戦略』(PHP研究所)、『あしたの履歴書—目標をもつ勇気は、進化する力となる』(ダイヤモンド社、共著)がある。

奥谷 孝司
オイシックス・ラ・大地株式会社 執行役員

オイシックス・ラ・大地株式会社 執行役員

1997年良品計画入社。3年の店舗経験の後、取引先の商社に2年出向しドイツ駐在。家具、雑貨関連の商品開発や貿易業務に従事。帰国後、海外のプロダクトデザイナーとのコラボレーションを手掛ける「World MUJI企画」を運営。2003年良品計画初となるインハウスデザイナーを有する企画デザイン室の立ち上げメンバーとなる。05年衣服雑貨部の衣料雑貨のカテゴリーマネージャー。現在定番商品の「足なり直角靴下」を開発、ヒット商品に。10年WEB事業部長。「MUJI passport」のプロデュースで14年日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の第2回WebグランプリのWeb人部門でWeb人大賞を受賞。15年10月よりオイシックス株式会社入社。統合マーケティング室 室長 Chief Omni-Channel Officerに就任。16年10月より執行役員 統合マーケティング部 部長 Chief Omni-Channel Officer。2016年11月Prismatix社 Engagement Commerce Adviser就任。2010年早稲田大学大学院商学研究科夜間主MBAマーケティング・マネジメントコース(守口剛ゼミ)修了。

鈴木 康弘
株式会社デジタルシフトウェーブ代表取締役
元セブン&アイ・ホールディング取締役執行役員CIO

株式会社デジタルシフトウェーブ代表取締役 元セブン&アイ・ホールディング取締役執行役員CIO(オムニチャネル戦略責任者)

1987年富士通(株)に入社。SEとしてシステム開発・顧客サポートに従事。1996年ソフトバンク(株)に移り、営業、新規事業企画に従事し、ネット書籍販売会社イー・ショッピング・ブックス(株)(現セブンネットショッピング)を設立代表取締役に就任。2006年資本移動により(株)セブン&アイHLDGS.グループ傘下に入り。2014年に(株)セブン&アイHLDGS.執行役員CIO就任、グループオムニチャネル戦略のリーダーを務める。2015年同社取締役執行役員CIOに就任、グループシステムの改革に着手し、デジタルシフトの骨格を作り上げる。2016年12月に同社を退社。2017年3月に(株)デジタルシフトウェーブを設立、同社代表取締役社長に就任

逸見 光次郎
株式会社千趣会執行役員 オムニチャネルコンサルタント 元株式会社キタムラ 執行役員 経営企画室 オムニチャネル(人間力EC)推進担当

株式会社千趣会執行役員 オムニチャネルコンサルタント 元株式会社キタムラ 執行役員 経営企画室 オムニチャネル(人間力EC)推進担当

1970年東京生まれ。1994年三省堂書店入社。1999年ソフトバンク入社。イー・ショッピング・ブックス社(現 セブンネットショッピング社)立ち上げに参画。2006年アマゾンジャパン入社。ブックスマーチャンダイザー。2007年イオン入社。ネットスーパー事業の立ち上げと、イオングループのネット戦略構築を行う。2011年キタムラ入社。執行役員 EC事業部長  書店時代、誰もが同じ価格(本代+交通費)で本が買える世の中にしたいと、ネット書店の立ち上げに参画。その中で、日本の小売においては、リアル店舗を活用したネットサービスが有効であるとわかり、アマゾンからイオンへ。店舗利用者かつ会員重視のネットスーパーを構築し、グループ全体のネット戦略を追求する中で、よりネットを活用するには商品・接客の高い専門性が必要と感じ、カメラのキタムラに入社。約1,300の店舗網を活用し、EC関与売上419億円(宅配117億円、店受取302億円)。店舗とネットの更なる融合「人間力EC」を進める。

角井 亮一
株式会社イー・ロジット代表取締役社長 兼 チーフコンサルタント

株式会社イー・ロジット代表取締役社長 兼 チーフコンサルタント

1968年生まれ。上智大学経済学部経済学科を、3年で単位取得終了し、渡米。ゴールデンゲート大学マーケティング専攻でMBA取得。帰国後、船井総合研究所に入社し、小売業へのコンサルティングを行い、1996年にはネット通販参入セミナーを開催した。その後、光輝物流に入社し、物流コンサルティングを実施。2000年、株式会社イー・ロジットを設立し、代表取締役に就任。イー・ロジットは、現在300社以上から通販物流を受託する国内ナンバーワンの通販専門物流代行会社であり、200社の会員企業を中心とした物流人材教育研修や物流コンサルティングを行っている。また、ライトヴァンというアーティストグッズ販売やファンクラブ運営を行う会社を経営。2015年、再配達を撲滅するための生活アプリを開発するウケトルを立ち上げ。タイではSHIPPOPという物流IT企業をタイ最大のネット通販会社Tarad.com創業者のPawoot (Pom) Pongvitayapanuと共同で立ち上げた。「すごい物流戦略」「アマゾンと物流大戦争」など26冊(米国、中国、台湾、韓国、日本)出版。

山手 剛人
フロンティア・マネジメント株式会社 シニア・アナリスト 産業調査部

フロンティア・マネジメント株式会社 シニア・アナリスト 産業調査部

1999年にウォーバーグ・ディロン・リード証券会社(現UBS証券会社)に入社。2003年に同社株式調査部で小売セクター担当のシニア・アナリストに就任。2010年にクレディ・スイス証券会社に移籍。小売セクター担当のアナリストと消費関連産業の調査グループリーダーを兼務。2017年にフロンティア・マネジメント㈱に入社。UBS証券会社では2002年に史上最年少でシニア・アナリスト(食品、消費財セクター担当)に就任。 日経ヴェリタス「人気アナリストランキング」では継続的に上位にランクイン(最高順位は2010年の総合小売セクターで2位)。

中島 郁
ネクトラス株式会社 代表取締役 元三越伊勢丹ホールディングス 役員兼WEB事業部長

ネクトラス株式会社 代表取締役 元三越伊勢丹ホールディングス 役員兼WEB事業部長

ネクトラス株式会社 代表取締役。ベンチャーなど数社で新規事業、経営企画を経験後、トイザらスでマーケティング部門を立上げ、2000年、トイザらス・ドット・コム ジャパンをEC専業法人として設立。2002年ジュピターショップチャンネル執行役員EC・番組編成・マーケティング本部長。2010年、世界最大のECサービス企業GSI Commerce(eBay Enterprise)アジア太平洋代表兼日本法人社長。2013年から2107年まで、三越伊勢丹ホールディングス 役員兼WEB事業部長として、EC、情報メディア等の構築、オムニチャネル推進を担当。現在は2012年に設立のネクトラスで経営コンサルティングを行う。

川添 隆
株式会社ビジョナリーホールディングス 執行役員 デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長

株式会社ビジョナリーホールディングス 執行役員 デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長

ビジョナリーホールディングスはメガネスーパーをはじめとする7つの事業会社を束ねる持ち株会社。千葉大学デザイン工学科卒。販売、営業アシスタントとしてサンエー・インターナショナルに従事後、ネットビジネスを志しクラウンジュエル(現ZOZOUSED)でささげ業務から企画、PR、営業まで携わる。2010年にクレッジに転じ、EC事業の責任者としてEC事業を2年で2倍に拡大。その後2013年7月よりメガネスーパーに入社。EC事業、オムニチャネル推進、デジタルマーケティング・コミュニケーション、デジタルを活用した店舗支援を統括。EC事業全体は5年間で4.4倍、注力する自社ECは8倍と拡大中。2017年11月よりビジョナリーホールディングス デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長を兼務。2018年5月より執行役員。[「実店舗+EC」戦略、成功の法則 ECエバンジェリストが7人のプロに聞く]の出版、ブログ・取材、セミナー・講師、オンラインサロンなどで精力的に情報発信を行っている。

最高峰のエキスパート・ネットワークの一員として、

新規事業やM&Aなどのプロジェクトにご興味のある方はお問い合わせください。

※ 現在、各業界のエキスパートは当社からお声掛けをさせて頂き、ご面談を経てエキスパート登録いただいております。

問い合わせいただいた場合でも、当社判断により該当者にのみご連絡をさせて頂く旨ご了承ください。