EXPERT OPINION

知を結集し、意思決定をサポート

ABOUT

EXPERT OPINIONとは

エキスパートオピニオンは、先端領域の有識者の見識を提示します。有識者が持っている業界の未来に対する考えを発信し、新産業の発展及び事業開発における質の高い意思決定の支援をしていくことを目指しています。

本サービスは、先端領域に関する有識者の見解を得ることができるサービスです。

関係者およびエキスパートリサーチをご利用中の企業担当者様は、お問い合わせフォームよりご連絡をいただきますようお願いいたします。

担当者より、有識者のコメントが閲覧できる特設サイトについてご案内させていただきます。

FEATURES

サービスの特徴

先端領域の新しい情報取得手段、エキスパートオピニオン

本サービスでは、先端テクノロジーやビジネスモデルの変革等を背景とした新しい業界・市場について、その分野の有識者とオピニオンを閲覧することができます。事業投資や戦略構築、提案活動に必要なナレッジを効率的に獲得でき、差別化できる情報をもとに意思決定できます。

先端領域のインサイト獲得が可能

情報が不足している先端領域のインサイト獲得が可能

テクノロジーの進歩や規制緩和によって創出される「先端領域」がどこかがわかるとともに、当該領域のインサイトを獲得し、新規事業や事業投資の機会の意思決定に活用できます。

各先端領域の有識者が誰か把握可能

誰が各先端領域の有識者であるのか把握可能

先端領域では、信頼できる有識者が「誰か」特定することが困難。アカデミアから実務、アナリストまで、幅広い属性で信頼できる有識者を提示します。

視点の異なる見解を比較検討できる

視点の異なる見解を比較検討できる

新しい領域について、少数の偏った情報で意思決定するのは危険です。複合的な視点からの見解により、理解の解像度を上げ、その後の分析の切り口やヒントをより多く得ることができます。

FUNCTIONS

本サービスでできること

ミーミルによって選出された有識者のオピニオンを把握できます

先端領域についての有識者の考えを多角的に、端的に、把握でき、事業開発の検討や意思決定に活用することができます。

※ 必ずしも掲載されている全ての有識者が、個別のご相談への対応が可能ではありません。一方で、本オピニオン未掲載であっても、インタビュー対応が可能なエキスパートもいらっしゃいますので、まずはお気軽にご相談ください。

有識者による未来の見方を確認できます

識者による「未来の見方」を確認できます

複数の有識者による業界の未来の見方(楽観的か、悲観的か)とその理由を掲載。先端領域だからこその不確実性の高い未来について、それぞれの専門性や見識に裏打ちされた見解を一気に把握することができます。

ビジネスユースを想定した質問への回答を活用し、比較検討できます

ビジネスユースを想定した質問への回答を活用し、比較検討できます

レポートやメディア記事ではなく、「バリューチェーン上のキーファクター」「注目事例」「法整備」といったビジネス上の意思決定の材料化をしやすい質問への回答によって、端的に効率よく情報取得し、比較ができます。

有識者の属性、専門領域情報と合わせてコメントを解釈できます

有識者の属性、専門領域情報と合わせてコメントを解釈できます

有識者の属性や専門領域と合わせて掲載することで、立場や専門性と合わせてコメントを評価することができます。

追加のインタビューや勉強会により、より深い情報獲得も可能です

追加のインタビューや勉強会により、より深い情報獲得も可能です

より深い情報が必要な場合は、掲載有識者へのインタビューや勉強会、追加質問の提示など、個別のご相談も可能です。

COOPERATION

ユーザベースグループとして

SPEEDAと連携。ミーミルによるオピニオンコンテンツはSPEEDAで閲覧可能です

エキスパートオピニオンは、ユーザベースの企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」、ミーミルの提供するエキスパートネットワークサービス「エキスパートリサーチ」と連携したサービスです。

SPEEDA

本サービスの一部コンテンツは、SPEEDAの新コンテンツ「SPEEDAトレンド」( 2019年9月末公開)に掲載されています。ミーミルでは、SPEEDAユーザーのみを対象に、より多くの有識者によるオピニオンを提供いたします。SPEEDAユーザーの方々は、以下よりどうぞお問い合わせください。レポートダウンロードについてご案内いたします。

EXPERT RESEARCH

オピニオンが掲載されている有識者に対して、個別のインタビューや勉強会の問い合わせも可能です。

有識者とその知見を必要とする企業をつなぐ「エキスパートリサーチ」サービスと組み合わせていただくことで、貴社のリサーチニーズに最適化したインタビューや勉強会の設定も可能です。

SPEEDAユーザーは無料でご利用いただけます

本サービスは、現状、SPEEDAユーザー向けに提供しているサービスです。

SPEEDAユーザーであれば追加の課金なくご利用いただけます。

詳細についてはまずはお問い合わせください。

SCENE

利用シーン

信頼できる情報をベースにした意思決定を必要とする、様々なシーンで活用できます

本サービスは、事業構築や事業投資における目的において、効率よく効果的に専門家の意見を取得し精査し、必要に応じて個別の質問やインタビューにより深堀し、意思決定の精度を高めていくことを目指しています。

  • ① 事業計画、中期経営計画の策定
  • ② 新規事業参入領域の選定
  • ③ クライアントへの初期調査での業界理解や、提案の切り口の探索
  • ④ 仮説や分析・示唆の信頼性を高める

THEMES

対象テーマ一覧

テクノロジーの進展、規制緩和などを背景に新しく生まれる先端領域を抽出

エキスパートオピニオンでは、先端テクノロジーやビジネスモデルの変革等を背景とした新しい業界・市場について、ミーミルが捉える4つのメガトレンドとインダストリーをクロスさせる形で抽出しています。

今はまだ「トレンドの萌芽」であるものの、今後5〜10年で市場が立ち上がり、多くの企業で事業開発や投資の対象としてみられるようになるであろう先端領域や、幅広い業界や領域にまたがることで、複合的な専門知識を必要とするような領域では、複数の有識者によるオピニオンが価値を持つとミーミルでは考えています。

IR・カジノ

IR・カジノ

MeatTech

MeatTech

EdTech

EdTech

無人店舗

無人店舗

VRMR

VRMR

3Dプリンタ

3Dプリンタ

シニアマーケット

シニアマーケット

ブロックチェーン

ブロックチェーン

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済

リサイクル

リサイクル

スマート物流

スマート物流

eSports

eSports

EXPERTS

有識者について

多様な業界の様々な属性の有識者の皆様に、ご協力をいただいております

属性カテゴリ

多様な属性の専門家、業界トップ企業から、学会の重鎮まで、業界を代表するオピニオンリーダーが協力

アカデミア/研究者

アカデミア/ 研究者

アカデミア/ 研究者

アカデミア/研究者
業界団体/WG/審議会メンバー

業界団体/WG/
審議会メンバー

業界団体/WG/
審議会メンバー

業界団体/WG/審議会メンバー
コンサルタント/アナリスト/ジャーナリスト

コンサルタント/
アナリスト/ジャーナリスト

コンサルタント/
アナリスト/ジャーナリスト

コンサルタント/アナリスト/ジャーナリスト
実務者(大手企業)

実務者(大手企業)

実務者(大手企業)

実務者(大手企業)
実務者(スタートアップ)

実務者(スタートアップ)

実務者(スタートアップ)

実務者(スタートアップ)

掲載されている有識者数

400 名超(35テーマ)

※ 各テーマにつき10名以上の有識者が協力。

テーマの追加や1テーマあたりのエキスパートは増加していく見込み

協力企業・団体数

100 社超

※ 企業広報として承諾をいただいた会社数

大手企業、スタートアップ、業界団体、大手コンサルティングファーム、法律事務所に所属する有識者にご協力をいただいております

MEDIA

メディア記事(有識者コメント一般向け公開)

REPORT

コンテンツの構成について

大きく以下の4項目のコンテンツで形成されています。属性情報、調査回答コメントとその背景、それらを一覧表示することにより、多角的に質の高い情報を見ることが可能です。

有識者のプロフィール情報

有識者のプロフィール情報

属性情報とともに、誰が業界のエキスパートかがわかります。

有識者のオピニオンまとめ

有識者のオピニオンまとめ

オピニオンの全体感と論点、キーワードがすぐに把握できます。

各オピニオンの詳細情報を掲載

各オピニオンの詳細情報を掲載

個別のオピニオンの背景や、その理由づけについて確認することができます。

質問ごとに回答一覧を掲載

質問ごとに回答一覧を掲載

質問ごとにエキスパートの回答一覧を掲載し、それぞれの論点を比較・整理することが可能。 自分なりの結論や見解を導き出すことができます。

FAQ

よくある質問

Q1価格体系について教えてください。
A1

本サービスは、現状関係者向けの限定公開中でございます。関係者やエキスパートリサーチのご利用いただいている企業担当者の方々は、現状は費用負担なしでご利用が可能です。また、エキスパートリサーチへご興味のある方は弊社までお問い合わせください。

Q2エキスパートリサーチユーザーです、どうしたら利用できますか?
A2

ご利用にあたって、追加費用は必要ないものの、規約への同意等が必要ですので、お問い合わせください。

Q3どういった情報が掲載されているのですか?
A3

先端領域ごとの有識者の情報と、弊社が設定した調査設問(ビジネス上の意思決定の材料化をしやすい質問)への各有識者の回答を掲載しています

Q4今後扱うテーマの数は増えますか?掲載情報は更新される予定ですか?
A4

継続的にテーマ数を増加させ、2020年内には100テーマ以上を掲載する予定です。また、すでに公表済みのテーマについても、エキスパートの追加やコメントのアップデートという形で内容が更新されていく予定です。 先端領域では、時間とともに見解も大きく変化する可能性があり、常に最新のオピニオンを提供していくことを目指しています。

Q5取り上げてほしいテーマがありますが、依頼できますか?
A5

今後扱うテーマは順次追加していきます。本サービスの対象として追加するか、要望ベースの個別調査レポートという形でのご提供も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

Q6オピニオンを発信する有識者にはなることはできますか?
A6

オピニオンに協力いただくエキスパートには自薦は受け付けておりません。業界関係者のご推薦や、これまでの有識者活動、業界での評価などを総合的に勘案させていただき、弊社よりお声がけします。

Q7ユーザベースの提供するSPEEDAとの関係は?
A7

ミーミルはユーザベースのグループ企業です。エキスパートオピニオンの掲載情報の一部は、SPEEDA内の「トレンド」機能にて掲載されています。

SPEEDAユーザーは無料でご利用いただけます

本サービスは、現状、SPEEDAユーザー向けに提供しているサービスです。

SPEEDAユーザーであれば追加の課金なくご利用いただけます。

詳細についてはまずはお問い合わせください。